採用情報

グループを支える社員の声株式会社 河内屋 広域外食部 部長 2003年入社

株式会社 河内屋 広域外食部 部長

一緒に社会人を楽しめる仲間がいます。

株式会社 河内屋

広域外食部 部長 2003年入社

  • 01. 酒販の営業として働くこと

    仕事の大変さも、オフの時間も
    両方大切に、楽しめる仲間がいたから、
    今の自分があります。

    大学を卒業し、学生の時から関心があった酒販の世界にチャレンジし今に至ります。
    私の新人時代は、「毎日がむしゃらに飲食店様と向き合い、駆け抜けた」記憶が一番残っています。

    どの仕事にも共通していえることだと思いますが、仕事は決して「楽」なものではありません。苦労することもたくさんあります。そんなときに自分でメリハリをつけられる環境に身を置くことはとても大切です。

    やるときは精一杯やる、休む時は全力で休む。大変なことも多い業界ですが、メリハリのオフの時間に楽しめることが仕事を楽しめることにつながると思います。

    株式会社 河内屋 広域外食部 部長
  • 02. 自分の成長について

    チャレンジ幅が成長に直結している

    新人時代の時に飛び込み営業から初めて、かなりの数のクライアントを持っている時期がありました。いまのわたしがあるのはその当時の経験値のおかげだと思っています。

    お客様と関係構築をしながら、お客様それぞれの環境に応じた提案を入社当社から行っております。大小関わらず、クライアントと向き合える環境なので、お客様のニーズにひとつひとつ応えていくことが自分の経験値になり、成長につながってくると感じています。

    みのりホールディングスには幅広い経験を積んで行ける環境があると思います。

    株式会社 河内屋 広域外食部 部長

その他の社員の声

ページトップへ